2008/9/18 木曜日

ゴミを拾ってくれた外国人

Filed under: 未分類 — 管理人 @ 9:56:23

おはようございます。

今朝のこんぜの里は小雨模様です。これも台風の影響なんでしょうか。

今週末に向けて、天気もイマイチみたいですね。

せっかくの行楽シーズンなのに・・・。

さて、先日の敬老の日に、自転車で旅行中の2人の外国の方が

道の駅こんぜの里りっとうに立ち寄ってくれました。

日本語も流暢までではないですが、会話には全く問題ないレベルに話が出来る方でした。

そのお一人が「ゴミを拾って来たのですが・・・」と。

自転車に行ってみると、ボロボロのレジャーシートに包まれたゴミが・・・。

桶やかなり古いプラスチックのコップ、生活ゴミ等・・・。

「もし良ければここで処分したいのですが?」とその方より申し出があったので、

こんぜの道に捨てられていたゴミですから、当方で引き取り処分する事にしました。

こんぜの里周辺の道路にはよくゴミが捨てられています。

これはこんぜの里だけではなく、各地で不法投棄やポイ捨てされたゴミ問題が深刻だと思いますが、

旅行中にゴミを拾ってくれた外国人の目にはどのように映っているのでしょうか。

たまに、意図的に捨てたのではないかと思うゴミもあります。

生活ゴミを平気で道路に捨ててしまう、一部の方のモラルの低さが悲しくなります。

また、道の駅の前の駐車場にタバコの吸殻がよく捨てられています。

中には、車の灰皿からそのまま大量の吸殻を捨てたケースもあります。

一部の方のマナー違反が、多くの人に迷惑をかけている事を認識して

いただければ、きれいな道や観光地になると思います。

ゴミを拾ってくれた外国人の方は、お買い物をしていただきましたが、

ナイロン袋は要らないと申し出があり、自分たちのリュックにすべて入れて

次の目的地に向かって出発されました。

ゴミを拾ってくれた外国人の方に感謝しながら、

ゴミのポイ捨てがなくなる事を願っています。

次のページ »

Copyright © Ritto city Forest Association. All right reserved.